大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. シーン別

成人式のメイクは派手に自分らしく

成人式というのは大人になるための儀式でもありますから、とても大切な儀式の一つですね。
大人になるための儀式に参加するという事は、メイクにも最低限大人としての気を使う事がマナーだと思います。
それと同時にせっかくの成人式ですから派手に、なおかつ自分自身の個性を存分に表現したメイクで決めたいですね。

成人式のメイクをする際に一番重視したいのが目元のメイク、すなわちアイメイクだと思います。
なぜなら、和化粧というのも基本的には目元をポイントとしたメイクとなっているのです。
やはり普段のアイメイクよりも少しだけ派手にしてみるのが衣装負けを防ぐ一番良い方法でしょう。

主に、まつ毛やアイライナーを強調すると、幼さを残しつつ適度に大人っぽいメイクになりますし、成人式の派手な衣装に負けてしまうなんて事もありませんよ。
つけまつげですが、成人式の場合は派手さを出すためにも付けてみる事をおすすめします。
ただ、つけまつげを今まで付けたことがないという方は、成人式だからといって無理をしてまで付けてしまって失敗してもいけません。
つけまつげを付けずとも、まつげはビューラーでバッチリ上げてボリュームタイプのマスカラでボチュームを出すという方法だけでも充分だと思いますよ。

成人式の場合、写真撮影がありますから口元のメイクも「少し派手かな?」というくらいで全然かまいません。
例えば、普段はグロスだけだとかなにも塗らないという若い女性が多いのですが、成人式の日には赤い口紅を乗せていくと、写真撮影の際に綺麗に写ります。

アイシャドウは、グラデーションを丁寧に綺麗につくっていく事が一番おすすめです。
グラデーションが綺麗だと、少し派手な成人式の衣装にもばっちりと映えるんですね。

ちなみにアイシャドウの色ですが、衣装の色を合わせる事が基本となります。
例えば、成人式の場合は赤い衣装が多いのですが、赤い衣装ならアイシャドウの色も勿論赤色をセレクトするという事ですね。
ただ、赤色の場合はアイシャドウの赤をアイホール全体に入れてしまったら、どうしてもまぶたが腫れぼったくなってしまうので目尻部分にちょんちょんとアクセントとして乗せてあげると良いでしょう。