大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. メイク道具・化粧品

高い化粧品と安い化粧品ではどちらが良いのか

女性の中には、高額な化粧品に憧れている方って大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
しかも、惜しみなくたっぷりと使うというのがセレブな感じがして良いんですよね。毎年、大手化粧品会社が10万円以上の限定クリームを発売して人気が出ている事からも、高額化粧品の支持率がいかに高いか分かると思います。しかも、リピート率が70%越えらしいですから本当に女性の美意識って凄いですよね。

その一方、100円の化粧品に高い人気が集まっているという事も事実です。
では、高い化粧品と安い化粧品の根本的な違いとは何なのでしょうか。
実のところ、化粧品というのはほとんどの原料が水で出来ているので製造原価というのも本当に安いものばかりなんですよね。
では、なぜ高い化粧品と安い化粧品の違いが出てくるのかという点ですが、やはり大きな原因が「広告費」と「人件費」「パッケージ」「容器」の部分です。
それと、一番大切なのが高い化粧品は希少価値の高い成分を使用しているという事です。天然成分ともなれば原料そのものが良いものですから必然とお値段もお高くなるのです。

例えば、3000円のクリームと30000円のクリームがあるとします。その違いは「容器、パッケージ、人件費だけだ!」という方も中にはいらっしゃるでしょう。
実はそうではありません。先ほど説明させていただいたように3000円と30000円では配合されている成分がそもそも違うんです。
高い化粧品には、それだけ良い成分がたっぷりと含まれているのでお肌に対して良い影響を及ぼす事は間違いありません。

では、最終的に高い化粧品の方が良いの?というと、それも違ったりします。「え〜なんで!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
基本的には高い化粧品が良いか安い化粧品が良いかは「人それぞれ」というのが正解です。お肌の状態や年齢にもよりますし、生活環境だって一人一人違うのではないでしょうか。つまり一番大切なのは、自分自身にぴったり合った化粧品を選ぶという事なんですね。

化粧水なんかに限って言えば、肌がいかに吸収するかどうかです。吸収しない肌なのに高級な化粧水をいくら使ったって無意味。化粧水の浸透力を高めるブースター美容液なんか使うと、実感は全然変わってきますね。