大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. メイク道具・化粧品

オーガニックコスメの中には合成材料たっぷりという製品もあるので要注意

最近、オーガニックコスメというものをよく見かけますよね。
言葉の響きからなんだか良さそう…という事は分かるのですが、基本的にオーガニックコスメってどのようなものなのか分からないと言う方が結構いらっしゃいます。

オーガニックは、直訳すると「有機の」という意味となり、オーガニックコスメとは有機栽培にて作られた植物が使われている製品という事になるんですね。
有機栽培という事は、化学肥料を使う事なく、もちろん遺伝子操作もする事なく作られた植物という事です。

ただ、オーガニック100%が売りというコスメでも合成材料をたっぷり使用している化粧品もかなりたくさんあるという事を覚えておいてください。
「覚えておいてください」と言っても、普通は「それって、嘘をついているって事?」「なんでそんな事が起こるの?」と疑問に思ってしまうのではないでしょうか。
それでは、オーガニックコスメと言っているにも関わらず合成材料をたっぷり使用している化粧品について、なぜそのような事が起こってしまうのかを詳しく説明させていただきたいと思います。

まず、フランスでは「オーガニック認定機関」というものが存在しているのですが日本の場合は今のところオーガニックコスメに明確な定義と言うものが存在していません。
すなわち日本の場合、オーガニックコスメでもなんでもない普通の化粧品にオーガニックエキスを少し入れてしまえば、それだけで「オーガニック製品」と呼んでも良いという訳ですね。
つまり、オーガニック100%表記があるにも関わらず合成ポリマーなど肌に負担がかかってしまう事で有名な成分がたっぷりと入っている可能性は否定できないと言う事です。

しかも、オーガニックエキスはほんの少ししか入っていない可能性が高いですから、そのような製品はわざわざ高価なお金を出してまで購入する必要がありませんよね。
では、上記のような製品を見破る方法は?と言いますと、実際に成分を見てみるという方法が一番有効だと思います。

成分をチェックしてみると、本当にオーガニック製品なのか名ばかりのオーガニック製品なのかがはっきりと分かると思います。
もしも、オーガニック製品を試してみたいという方がいらっしゃるのなら「成分をきちんと見る」これだけは忘れないようにしてくださいね。
もちろん、どのような成分が身体に悪いのかという事もきちんと覚えておく必要もありますね。