大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. アイメイク

アイラインが苦手な人のための上手な描き方

アイラインを引くと、目元が一段とくっきりして目をとても大きく見せる事が出来ます。
メイクをする際にアイラインを引いているのと引いていないのとでは目の印象が大違いなのです。

ただ、メイク初心者の場合はなかなかアイラインを上手に引くのも難しいのではないかと思います。
ですから、今回は「初心者でも簡単に出来るアイラインの上手な描き方」について詳しく説明させていただきます。

まずは、アイラインの前にアイシャドーを塗ってくださいね。
アイシャドーはグラデーションを付けると、とても綺麗に見えておすすめですよ。

では、ここから本格的にアイラインの引き方について説明させていただきます。

アイラインは「リキッドタイプ」と「ペンシルタイプ」のアイライナーを用意します。

リキッドタイプは初心者の方にとって難しいかもしれませんが、ここでは最後に登場するだけなので失敗する可能性はとても低いです。

1、目じりからまぶたの半分程度まで慎重にラインを引いてください。

ペンシルタイプなので、塗り絵をするような感覚でも全然大丈夫です。
そうする事でアイラインの線がはみ出して汚くなってしまう事を防ぎます。

2、次に、目頭より先ほど描いたアイラインの線までラインを引いていきます。

今回も焦りは絶対に禁物なのでゆっくりと、塗り絵感覚で構いません。
まつ毛とまつ毛の間についてもきちんと埋めましょう。
まつ毛とまつ毛の間がきちんと埋まっていると、とても上品で綺麗なイメージを作り出す事が出来ます。
チップなどを使用してアイラインの線をぼかしてあげると、より目元を自然に見せる事が出来ます。

3、粘膜部分(上下とも)にもアイラインを描きます。

ちなみにこの部分は初めのうちは細めのラインで十分です。

4、ここでリキッドの登場となります。

ただ、リキッドは目尻にアクセントを付けるだけでOKです。
アクセントだけならとても簡単ですし初心者でも失敗する確率が低いですよね。
アクセントは、先端部分を少し上げるようにして描いていくのがポイントです。

以上がアイラインの基本的な描き方となります。
基本的に、焦らないでゆっくりと進めていくのがコツです。
なぜなら、焦ってしまうとどうしても線が不格好なものになってしまうのです。