大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. アイメイク

一重まぶたを目立たなくするメイク方法

一重の人は、メイクをする際に二重の方よりも苦労をしてしまう事があります。
やはり「二重の幅で」という表現がたくさん出てきますしアイメイクをしてもなかなかうまくいかない場合が多いんですよね。

では、一重の方は、メイクをする際にどのような事に気を付ければ良いのでしょう。
ポイントについて少し紹介していきたいと思います。

まず、チークを濃いめにして女の子らしい可愛らしい印象を作るという事です。
目を目立たせるのではなく、頬を目立たせる事が狙いです。顔がのっぺり過ぎると余計に一重が強調されてしまいます。
頬を目立たせるという事はもちろん肌も目立ちますから常に透明感を意識しつつ綺麗にしておかなければいけませんね。

ニキビ跡がある、シミがあるという方はコンシーラーで丁寧に消すようにしましょう。一重の人は二重パッチリの人よりニキビ跡などが目立ちやすい傾向にあります。
チークの色はピンク系、それも明るくて女の子らしい色がおすすめです。かといって濃いもの、べったりとは塗らないように。子供みたいになってしまいますよ。

鏡の前でニコリと笑うと頬がもりあがるのでその部分にチークをぽんぽんと乗せてあげてください。
ある程度自然な濃さを心掛けるようにしましょう。

次に、マスカラをたっぷりと塗ってあげてください。
最低でも二度塗りくらいするとだいぶ印象が違うと思いますよ。
ただ、塗り過ぎと言うのもダマの原因になりますし乾かないうちに瞼にマスカラが付いてしまわないように十分注意が必要です。
ちなみにセザンヌの「ひとえ マスカラ ブラック」という商品はパンダ目になりにくいという理由で一重や奥二重の方に大変人気があるようです。
でもそうだからといって塗りすぎの人が目立ちます。大人のメイクはあまりやり過ぎるとケバいだけになるので…

最後に、アイラインですが、目を大きく見せるために長めに引いている方が結構いらっしゃいます。
ただ、汗で落ちてしまったら真っ黒のパンダ目になってしまうので要注意です。目を大きくするのではなく、印象付けるのが目的です。

アイラインはまつ毛の間を埋めていくように引くのが一番良い方法です。
汗でパンダ目になる心配もありませんし、これだけでもだいぶ目の印象が華やかに変わってくるんですよ。いつもより気持ち丁寧にやってください。

以上、一重の方がメイクをする際に覚えておきたいポイントでした。丁寧に少しずつ乗せてください。慣れれば早く仕上がるようになります。

大人のクールな魅力を出すには、綺麗にメイクできた一重まぶたが結構有効なんですよ。