大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. アイメイク

目つきが悪い人の印象を柔らかくするメイク方法

目つきが悪いとコンプレックスに思っている人のメイク方法はどうすればいいでしょうか?

その目つきが悪く見える目の一例として、三白眼(さんぱくがん)があります。三白眼は黒目部分が小さくて上寄りにあるため、左右と下に白目部分が目立つことで、3つの白目があるという表現の言葉です。

三白眼って、目つきが悪そうに見えやすいだけでなく、そのせいで性格も冷たい人に見られがちなんですよね。
もちろん、美しい人で、三白眼がよく似合っているというケースも多々あるのですが本人が三白眼で悩んでいるのなら少しでも悩みを和らげたいと思うはずです。
そこで、今回は三白眼を和らげるメイク方法について説明させていただきます。

まず、アイラインを下にも引く場合は目尻側だけにしておきましょう。
なぜなら目頭の方まできっちりとアイラインを引いてしまうと、どうしても三白眼が強調されてきつい感じの目になってしまうのです。
黒目部分より外側だけをアイラインで埋めていくと良いと思います。

上まつげの場合はまつげの生え際をきちんとアイライナーで埋めるようにしてください。
ただ、あまりに太くアイラインを描いてしまうと人に派手な印象を与えてしまいます。
「なるべくアイラインは細目に」「アイラインを引く作業は丁寧に」という事を心掛けた上でまつげの生え際を埋めていきましょう。

アイシャドウは、ピンクブラウン等の柔らかくて可愛らしい色をセレクトしてください。
ブラウン、グレー等は本来クールな印象を引き出してくれる色なので目つきが悪いと悩んでいる方がセレクトしてしまうとますますきつい印象になってしまいます。

メイクとは少し違うかもしれませんが、黒いカラーコンタクトレンズを入れてみるという方法もあります。
ただ、カラーコンタクトレンズは許可がきちんと下りていない商品も通販されていたりします。
許可が下りていないカラーコンタクトレンズは目を悪くする可能性もありますから出来るだけ避けましょう。
おすすめは「ワンデーアキュビューディファイン」の使い捨てタイプです。
ワンデーアキュビューディファインなら、衛生的ですし安全性も考慮されています。

一時期に結構流行ったコンタクトレンズです。黒目が大きいと印象が良い、美人に見えるということですが、黒目の面積だけでそれだけ印象が変わるということです。

これらの方法を行う事で、三白眼のキツイ印象を少し柔らかなものへと変える事が出来ると思います。
ただ、先ほども説明いたしましたが三白眼の人に美人がいないという訳ではありません。
芸能人では柏木由紀さん松井珠理奈さん矢神久美さんが三白眼だと言われていますがみなさん綺麗ですし非常に可愛らしい顔立ちをされていますよね。
もちろん黒目が大きいという事は美人の証と言われる事もありますが、個人的にはあくまで顔立ちの問題ではないかと思います。

三白眼の人がうまくアイメイクをするとクールな印象がうまい具合に表現されます。美人系と呼ばれる顔立ちにもできるので、自分のアイメイクスタイルを確立しできたらいい感じになりますよ。