大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. アイメイク

パンダ目にならないメイク方法

メイクについてのお悩み内容でかなり多いのが「パンダ目になってしまう」というものです。

パンダ目って名前の印象は可愛らしいんですけど、実際はメイクをした後にしばらく時間が経つと目の下がまっくろになってしまっているというちょっと悲惨な状態の事を指しています。

デートの時にふっと鏡を見るとパンダ目になっていたら…やはり女性なら悲しくなってしまいますよね。原因が分かれば、パンダ目になってしまう事も防ぐことが出来ると思いますのでメイク後、パンダ目になってしまう原因について少し説明させていただきます。

まずはアイラインを描きすぎているという事です。

ちなみに、太さや長さの問題ではなくアイラインを描く際、必要以上にこすり付けて描いているという事です。
メイクをしている女性の中にはアイラインを濃く描きすぎている方が数多くいらっしゃいます。

詳しく説明しますともう十分アイラインとしては描けているのに「まだまだ足りない!」と感じてしまうのかアイラインをゴシゴシとこすりつけている方ですね。あまりにアイラインをこすりつけてしまうと肌にくっついていられる粉成分の容量を超えてしまいます。

そうして粉成分が肌の上に落ちてしまいパンダ目になるんですね。結論として、アイラインは必要以上に描きすぎないように注意しましょう。

それから、これは体質の問題となりますが顔にお肉がついていたり頬骨が高い方は笑うとアイライン、マスカラがどうしても肌にこすれてしまいます。そうして、パンダ目になってしまうのです。

ただ、このパターンの場合は個人の体質ですし仕方のない事なので「ロングマスカラa」のように肌に色移りのしにくいマスカラをセレクトしましょう。

他に多いパターンとしては、アイシャドウによってパンダ目になっていらっしゃる方です。

アイラインやマスカラを使用してパンダ目になるという認識が強いのですがアイシャドウの塗り過ぎによるパンダ目になってしまうというケースも多々あるんです。あともうちょっと、という時点で既に塗りすぎだと考えていいでしょう。さらにその上塗り重ねる人が多く、本人が気づいていない間にすごいパンダ目になっています。控えめがポイントです。

ちなみに、塗り過ぎていなくてもブラウンなどの濃い目のアイシャタドウが下まぶたについてしまうとパンダ目になってしまいます。パンダ目を防ぐには、アイシャドウを塗る際に自分自身で十分注意をするという方法しかありません。