大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. アイメイク

下まぶたにアイシャドウを入れてイメージチェンジ

アイメイクといえば、基本的に上まぶただけに施すものだと思っている方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。

実は、下まぶたにアイシャドウを乗せる事で目元が明るくみえたり、いつもと違う印象を作り出すことが簡単に出来るのです。下まぶたのアイシャドウだけで簡単にイメチェンが出来てしまうという事ですね。

それでは、下まぶたのメイク方法について詳しく紹介させていただきます。

最初は「ピンク」「ベージュ」系がおすすめ

まずは、初心者の方におすすめなのが「ピンク」「ベージュ」など、肌の色に近い色のアイシャドウを下まぶたに薄く入れるという方法です。

ホワイトをセレクトした場合、肌の色との違いが激しいので、初心者の方ですと悪目立ちしてしまう可能性があります。

しかし、ピンクやベージュなら肌から浮いてしまう事もありませんしピンクなら可愛らしい、ベージュなら優しい印象を作り出す事が出来るのです。

ちなみに、ピンクやベージュの色が目立たないからといって色を乗せすぎてしまわないように注意をしましょう。

あまりに色を濃くしてしまうと、いくらピンクやベージュでも不自然な印象を与えてしまう可能性があるからです。

一見つけているのか、つけていないのか分からない程度でも、下まぶたのアイシャドウには目元がキラキラと輝いて見える効果や綺麗に見える効果が十分にあります。

慣れたら「グリーン」や「ブルー」系にチャレンジ

上記の「ピンク」「ベージュ」に慣れてきたら、次はグリーンやブルーといった少し個性的な寒色にもトライしてみましょう。

寒色の場合、さきほどのピンクやベージュよりもはっきりとした色がつくのでより一層大胆にイメージチェンジをする事が出来ますよ。

この場合、上まぶたのアイシャドウは普段と変わらない(例えばブラウン)色を使用したとしても、かなり印象が変わると思います。

グリーンやブルーのアイシャドウを下まぶたに入れてあげる事で白目がより綺麗な白に見えますし、もちろんピンクやベージュと同じく目元がキラキラして見えるという効果もあるのです。

プラス目の縦幅も大きくなったような印象を与える事が出来るというのも寒色を下まぶたに入れるメリットです。今流行の「デカ目効果」もあるという事ですね。