大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. 雰囲気作り

万人に愛される「離れ目顔」はメイクで作る事が出来る

昔から「美人は3日で飽きる」という言葉があります。

それに、いくら美人でも表情が険しい、表情に乏しいという人は、人としてあまり愛される事がありません。

現在、活躍している女性芸能人を見ても若干離れ目な方が大勢いらっしゃいます。
例えばAKBの篠田まりこさんや後藤まきさん等…どこか愛嬌があって親しみやすい顔をした女性に人気が集まっていますよね。

では、そんな離れ目になる事が出来るメイクがあると聞いたらどうでしょう。
離れ目の女優さんやアイドルに憧れている女性なら是非そのメイクを試してみたい!と思うのではないでしょうか。

では、今よりも少し離れ目に見せてくれるメイクについて、詳しく紹介させていただきます。

まず、アイシャドウですが普通に塗るよりも少しだけ横長に入れるようにしましょう。

それから、まつげやアイラインに関してもボリュームではなくとにかく横長に入れてください。

目元メイクについては「アイシャドウ、アイライン、マスカラ」すべてにおいて、目の外側へ向かうように長さを重視する事が大切です。

こうして目尻を普段よりも少し長めにする事で、少しだけ目が離れて見えるというまさに「離れ目」の効果があるのです。
下まぶたのシャドウやアイラインもちょっとだけ囲むようにして目尻に少しだけ入れましょう。

まゆ毛に関しては、眉尻に向かって濃くグラデーションを描くというのがコツです。

まず、目頭の方をコンシーラーでぼかしておくと上手くグラデーションが作れると思いますよ。

ちなみにアイブロウでまゆ毛を描き始めるのは眉頭より指1本分開けてください。

チークは、頬の一番高くなっている位置に血色がよく見えるような色のチークを楕円形に入れましょう。

ここからがコツなのですが、頬骨の外側部分へ、シェードカラーのチークを重ねます。
こうする事でとても綺麗なバランスを保つことが出来るのです。

最後に、唇ですが唇はあまり目立たないように心がけましょう。

外側にアクセントを置いているのが離れ目メイクの特徴ですから口紅も口角に向かって濃いグラデーションを作ってみてください。