大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. 雰囲気作り

40代のための桃色チークで若返りメイク

最近流行っているのがすっぴん風メイクですよね。ただ、40代になってくるとベースメイクだけをしっかりとしておけばOKという発想は少し危険です。
やはり肌のアラだけ隠してもくぼみやたるみは隠せないと言う事ですね。では40代のベースメイクを若く見せたいのなら、何をプラスしたら良いのでしょうか。

正解はチークに桃色をプラスするということです。アイシャドウやリップではなくチークというのがポイントなんですね。
桃色チークというのは、肌色を綺麗に見せてくれますし小顔効果もあります。その結果として若返りの効果があるという訳ですね。

ではここで、NG色のチークについても少しだけ紹介させていただきます。
まずは青みピンクです。青みのあるピンクは若作りをしているように見えますしギャルっぽくなるので避けましょう。
次に肌馴染みの良すぎるチークです。チークをつけている意味がないですし、不健康そうに見えてしまいますよ。
最後に暗い色のチークですが、暗い色のチークを使うと肌がくすんで見えてしまうので一層老け顔になってしまいます。

それでは、桃色のチークは、どのように入れると良いのでしょうか。
普通チークというのは頬にまぁるく入れるのが基本ですよね。ただ実は、この入れ方20代までなんです。40代はたるみと戦わなければいけないので逆効果となります。

正しい40代のチークの入れ方ですが、まずブラシに桃色チークをたっぷりと含ませてください。少ない量を少しずつつけていくのはムラづきの原因となりますから一度にたっぷりが正解です。
次に一旦ティッシュの上で、量の調整を行いましょう。面倒くさいと思われるでしょうが、このひと手間が大切です。
チークブラシは寝かせてニコリと笑いましょう。この時、一番高くなる部分にブラシを置いて左右にやさしく動かします。これでOKです。
まぁるく入れるのと同じくらい簡単な方法ですしテクニックも必要ないですから、誰でも出来ますよね。

以上で、40代のための若返りメイク方法についての説明を終わります。桃色チークは、可愛らしいですしとても簡単なので一度試してみてくださいね。