大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. 雰囲気作り

すっぴん美人なんだろうな~と思わせるメイク術

メイクをしてはいるものの、すっぴんもきっと綺麗なんだろうな~と思われたら嬉しいですよね。

では、今回は「この人はきっとすっぴんでも綺麗なんだ」と思われるようなメイクについて詳しく説明させていただきます。

ポイントですが「すっぴんも綺麗なんだろう」と思わせるようなメイクですから当然濃いメイクではNGです。

盛りメイクのように「化粧の濃さでごまかす事が一切出来ない」という事は、事前に頭に入れておいてくださいね。

まず、ベースメイクですがファンデーションは、ファンデーションそのものにカバー力がある物をセレクトしましょう。

なるべく自然に見せるためにもファンデーションを塗る時には「薄く塗る」ように心掛けてくださいね。

例えば「カバーマーク」のファンデーションはカバー力が強い事で有名です。
コンシーラーは出来るだけ使用せずに、ハイライトにはパールの細かい自然なものを選びましょう。

次に目元ですが、アイラインを入れてしまうと、どうしても「メイクをしています!」という感じが強く出てしまうので、出来るだけアイラインは入れないようにしましょう。

どうしても入れたい!という方は薄い茶色のアイラインをセレクトすると良いでしょう。

まつ毛は、しっかりと根元からカールさせて透明マスカラや茶色のマスカラを塗ってください。アイシャドウは塗りませんからその分マスカラはしっかりと塗ってくださいね。

まゆ毛は、あまり細く整えずに出来るだけ自然に生やしておくようにしましょう。

そうして薄くなってしまった部分だけにパウダーを足すようにしてください。この時、パウダーの色は髪の毛の色にきちんと合わせたいですね。

最後に、チークと口元メイクです。

チークの色はローズ系にして、お風呂上り自然と赤く染まる部分に少しだけ乗せます。パウダーよりもクリーム系チークの方が、より自然になると思いますよ。

唇も、チークの色と同じような色をセレクトして指で直接塗るようにしましょう。唇の中央部分に叩き込ませるようにすると立体感が出ますからおすすめですよ。もちろん自然に見せるためにも塗り過ぎ注意です。