大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. 芸能人メイク

平子理沙さんのナチュラルで可憐なメイク方法

平子理沙さんといえば、最近非常に人気のあるモデルさんですよね。
実は私、平子理沙さんの年齢を初めて知ったのが去年の事なんですけど、見た目とのギャップに本当に驚いてしまいました。

アラフォー女性とは思えないほど肌がお美しいですし、少女のような可愛らしさと可憐さが平子理沙さんのイメージではないでしょうか。
大人の女性はもちろん、20代の女性もとても参考になりますよ。

平子理沙さんは「平子理沙 Little Secret」という本も出していて、この本の中には平子さんの美しさの秘訣が存分に詰まっています。
女性の中には、平子理沙さんに憧れて購入した、なんて方も大勢いらっしゃるんでしょうね。
私も、この先十数年の年を重ねても平子理沙さんのように素敵な女性でいたいなぁ~と夢見ています。
ではそんな女性の憧れである、平子理沙さんについてのメイクを、少しだけ紹介させていただきたいと思います。

まずはベースメイクですが、ベースメイクはあまり濃くせず「ナチュラル」さを心掛けてください。
ケバく見えてしまったら、平子理沙さんのイメージとは大きく異なってしまうのです。

さて、平子理沙さんのメイクといえばやはりアイメイクが特徴的ですよね。アイメイクも、ベースメイク同様、あまりケバくなってしまってはいけません。
アイシャドウはブラウン系で綺麗なグラデーションを作って、アイラインも同じくブラウン系をセレクトしてください。

ただ少し目元を引き締めて見せたいので、アイラインはアイシャドウよりも濃いめの色をセレクトすると良いでしょう。
アイラインの引き方ですが、基本的には平子理沙さんのように縦長の目に見せたいので、目のカーブにそって丁寧に引いた後に、黒目の上の部分を少し太めに書き足すようにしましょう。こうする事で、デカ目の効果が簡単に得られるのです。
下まぶたのラインも同じく、黒目の下の部分は少し太めに書くようにしましょう。ただ、下まぶたは細いラインでなるべくナチュラルさを演出してください。

目元メイクの仕上げはマスカラですが、平子理沙さんのメイクはまつげを強調したメイクとなっているので、マスカラ下地をきちんと塗ってからロングタイプのマスカラを使うようにしましょう。
もちろん、ビューラーでまつげを上げる事を忘れないでくださいね。この時に、ビューラーを熱する事でまつげはずっと上向きにキープされます。

ちなみに、なぜロングタイプのマスカラを選んだのかというと、平子理沙さんのまつげに「ダマ」は禁物だからです。ボリュームタイプのマスカラを使用してしまうと、どうしてもダマになりやすいので要注意なんですね。
下まつげにも、同じくロングタイプのマスカラを塗って、平子理沙風アイメイクは完成です。

口紅や、チークは、その日に合わせて、出来るだけ明るいピンク系のものをセレクトしてくださいね。

以上が平子理沙さんのメイク方法でした。
基本的に、ナチュラルで清潔感のある、だけど女性らしい甘さを前面に押し出したメイクというのが平子理沙さんメイクの特徴ですね。