大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. メイクのコツ

敷居の高い百貨店の化粧品カウンターをうまく活用するには?

毎日のように化粧をする女性にとって化粧品というのは生活必需品でもあります。
普段、みなさんはどこで化粧品の購入をしているでしょうか。

一般女性にとってはドラッグストアや100円均一は、安いですし使える商品もとても多いので大変便利なお店だと思います。

ただ、少し敷居が高いのですが美容部員さんが接客をしてくれる百貨店の化粧品カウンターで化粧道具を購入すると、いつもより胸のワクワク度が高くなるのではないでしょうか。

そこで、百貨店の化商品カウンターは少し緊張してしまう方のために化粧品カウンターを上手に活用する為のアドバイスについて少しだけ紹介していきたいと思います。

まず、自分が何をしてほしいのか、化粧品カウンターを訪れた目的を美容部員さんにきちんと伝えましょう。

美容部員さんもお仕事で忙しい訳ですから自分の希望について分かりやすく具体的な内容を伝えるという事ですね。

例えば、自分に似合うアイメイクが知りたいのなら美容部員さんに「ポイントメイクをしてほしい」と伝えなければいけませんし、ファンデーションの色が自分に合っているのか不安があるという場合には「自分の肌色に合ったファンデーションを探してほしい」と伝える必要があります。

このようにポイントを絞って質問をしてみる事で、美容部員さんもだいぶ接客がしやすくなるでしょう。

美容部員さんは、実際に丁寧なメイクをしてくれますし、使っている化粧品についても、勿論勧めてくれますね。

セールスですので、美容部員さんがかなり熱心に商品を勧めてくれるというケースも多々あります。

ただ、自分が本当に気に入った商品以外は購入しないと予め決めておかなければいけません。

どうしても断る場合には「色々とアドバイスをしてもらってありがとうございました。こちらの口紅すごく良い色で気に入ったので私の第一候補にします。

だけど、何を購入するのかは他のメーカーさんの口紅を試してからじっくりと決めたいので今日のところは一旦保留にしておきます。」

など美容部員さんにきちんと納得してもらえるような断り方をするのも最低限のマナーだと思います。