大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. メイクのコツ

メイクブラシの種類とお手入れ方法

メイクをする時に大切なのは、もちろんメイクの技術です。

ただそれだけではなく、メイク道具についても出来るだけこだわる必要があります。なぜなら、良い道具を使ってメイクをすると、メイクの効果を最大限に引き出すことが出来るのです。

今回は、たくさんのメイク道具の中でも「メイクブラシ」について詳しく説明させていただきたいと思います。

テレビや雑誌でメイクアップアーティストさんがメイクをする際に、たくさんのブラシを机に並べている光景を、誰でも一度は見たことがあると思います。

メイクアップアーティストさんは、数多くのメイクブラシを正しく使い分けているという事なんですね。

一般の私達は、メイクアップアーティストさんほどこだわる必要はないかもしれませんが、自然素材のブラシと化学素材のブラシの違いくらいは覚えておくと良いでしょう。

まず、自然素材のブラシというのは、「リス」や「ヤギ」「ポニー」などの生物の毛で出来たブラシという事で、化学素材のブラシというのは、字の通り化学素材で出来たブラシの事です。

自然素材のブラシは柔らかい毛が特徴なので、パウダーメイクを施す場合に適しています。

化学素材のブラシは少し硬めの毛が特徴なので、クリーミータイプのメイクを施す場合に適しています。

自然素材のブラシにも、化学素材のブラシにも、メイクをする際にそれぞれ良い面があるという事ですね。

それでは、メイクブラシはどのように清潔感を保てばよいのでしょうか。

メイクブラシを使用している方の中には、メイクブラシを一度も洗った事がないという方もいらっしゃるでしょう。

しかしメイクブラシというのは肌に直接使用するものですから、一度も洗わずに何年も使い続けるというのは衛生的に良くありません。

やはり週に一度くらいはメイクブラシ専用洗剤かクレンジングを使用して洗うべきなのです。
かなり頻繁に洗うんだな~と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

実はそれだけではなく、月に一度はぬるま湯にシャンプー剤を少量加えてブラシを洗うという事も必要です。洗い終えたら、水ですすいでください。その後は自然乾燥で乾かします。

雑菌の対策のためにも、メイクブラシはかなり丁寧にお手入れをしなければいけないんですね。