大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. メイクのコツ

化粧の下準備としてのコントロールカラーとコンシーラー

ファンデーションを塗る前に、下準備としてコントロールカラーとコンシーラーを使用する必要があります。
ただ、コントロールカラーには色の種類が様々なので、少し紹介させてください。
まずイエロー系ならくすんでしまった肌の色を明るくしてくれる効果がありますし、グリーン系は肌の赤みを押さえてくれます。
ブルーやパープル系は肌に透明感を与えてくれますし、ピンク系なら自然な血色を与えてくれるので顔色が悪い場合には健康そうな顔色に見せてくれるでしょう。
メイクをする際には、自分の肌の状態をじっくり観察してどのコントロールカラーを使用するの決めたいですね。

では次に、下準備の方法について詳しく説明させていただきます。

まず、顔の上にコントロールカラーを乗せてください。
先ほど説明させていただきましたようにコントロールカラーには様々な種類があるので自分のお肌の状態と相談をしてどのコントロールカラーをセレクトするのか決めましょう。
コントロールカラーの乗せ方ですが、まずは少量を指にとってTゾーンと頬骨、顎の上に塗りこみます。
この時丁寧、に叩き込むように乗せるのがポイントです。
コントロールカラーの量ですがほんの少量、ニュアンス程度で十分です。
なぜなら、コントロールカラーを乗せすぎてしまうと肌にとって逆効果になってしまう可能性が非常に高いのです。

次に、コンシーラーを使用して吹き出物をカバーしましょう。
初心者の方は、使いやすさを考慮してスティック状のコンシーラーをセレクトすると良いですよ。
スティック状のコンシーラーを、吹き出物部分にポンポンと乗せてください。
そうして吹き出物の周りを指で丁寧にぼかしていきます。
ただ、吹き出物の場合は吹き出物の部分までコンシーラーでぼかしてしまうと、その部分が剥げてしまうので注意が必要です。

最後にクマをカバーするのですが、クマをコンシーラーでカバーする場合は下まぶた全体ではなく線の部分だけにコンシーラーを塗るようにしましょう。
コンシーラーはきちんと叩き込むようにして、肌にしっかりと馴染ませてあげましょうね。
ちなみに強力なクマを消す為には、なるべく固めのコンシーラーをセレクトする事をおすすめいたします。