大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. メイクのコツ

メイク上級者ならブラシやチップにもこだわりを持つ

メイクをする時、例えばアイシャドウやチークを使う場合にはどんな道具を使用していますか?

やはりアイシャドウやチークを化粧品売り場で購入した際に付いていた、ブラシやチップを、そのまま使用しているという方が多いのではないでしょうか。

ただ、付属のブラシやチークって、どうしてもオマケ的な扱いになってしまう事が多々あります。

もちろんサイズに関してはとても小さいですし、アイシャドウチップの場合スポンジ部分がとれやすかったり、チークブラシの場合は変にコシがあって痛いという場合が多々あります。

さらに、洗うと壊れてしまいそうでなかなか洗いませんから衛生面にも不安が残ってしまうのです。

実は、メイク上級者の方の中にはチップやブラシにもこだわりがあるという方が結構いらっしゃるんです。

まずは、チーク専用のブラシです。

チーク専用のブラシですと、値段が1000円以内でも素晴らしい製品がたくさんありますよ。

丁寧に使っていたら、何年でも持たせる事が出来ますし、頬にチークを載せた時に失敗をしてしまうなんて事も大幅に減るでしょう。

ただ、硬めのブラシというのは肌がチクチクしてしまうので苦手という方も結構いらっしゃいますね。

ちなみに人気があってオススメなのはハウスオブローゼのチークブラシです。お値段も良心的ですし、肌触りがとても良いのが特徴的です。

次にアイシャドウですが、チップとブラシの両方を使うと良いですよ。

例えば、アイホール全体にふわっと色を入れたいのならアイシャドウブラシがオススメですし、まぶたの際に締め色を載せるのなら先の細いアイシャドウチップがオススメです。

例えばザ・ダイソー、アイシャドウチップのジョイント式ならキャップが付いていますから、メイクポーチが汚れてしまう心配もありませんし、100円で購入出来るのにとても使いやすいのでとても人気があります。

ちなみにジョイント式というのは、ロケット鉛筆をイメージしてもらえると良いでしょう。

それから、チップでもブラシでもないのですが、綿棒は常に用意していると、とても重宝します。

例えば、アイライナーをぼかすのに使用したり、アイライナーがはみ出てしまった場合には綿棒を使って修正する事が出来るのです。