大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. メイクのコツ

メガネに似合うメイク方法

メガネをかけている女性にとって、メガネに似合うメイクをするというのはとても大切な事だと思います。

「メガネをかけているからメイクなんてしなくても良いか」と思われる女性も結構いらっしゃいますがそうではありません。

ただ、きちんとメイクをしたとしてもメガネとメイクのバランスがとれていないと、どうしても格好良くないんですね。

実は、メガネをかけている場合、普段より少しアイメイクを濃くしても不自然になりにくい等メガネ用のメイクにも「コツ」があるのです。

それではメガネをかけた時のメイク方法について詳しく説明させていただきます。

まずはアイシャドウですが、アイシャドウはベージュ等あまり色味を強調しないタイプでOKです。

ただ、その分「アイライン」はしっかりと入れるようにしましょう。

メガネをしていない時はまぶたの際に細くアイラインを入れているという方も、メガネをしたらアイラインは太く、長く引いててみましょう。

ただ、アイラインを目の周りにグルッと囲んでしまうと、逆に目が小さく見えてしまう場合もありますから要注意です。

そこで、下まぶたへのアイラインは華やかさの演出をするためにシルバー、ゴールド等の明るい色をセレクトして、線も少しだけ控えめにすると上まぶたとのバランスがとれるので、オススメですよ。

ちなみに、下まぶたへのアイラインカラーはピンクやブルーにしてみても可愛らしいですし女の子らしさの演出にもなって良いかもしれません。

マスカラですが、マスカラを塗る前には必ずビューラーでまつ毛を上げてください。
ビューラーを熱しておくと、まつ毛が下に落ちてくる心配もなく、とても上がりやすいのでおすすめですよ。

まつ毛をきちんと上に上げる事でレンズにまつ毛がついてしまう事を防いでくれる効果があります。

ビューラーできちんと上げたのだからマスカラもしっかりと塗りたいところですが、レンズがマスカラで汚れてしまう可能性があります。

そんな時には透明のマスカラを塗る等の工夫をする事が大切ですね。

最後に、チークですがメガネが派手な場合、チークまで派手にしてしまうと不格好に見える場合があります。
メガネのデザインを考慮した上で鏡を見ながら慎重に、チークの色を決めるようにしましょう。