大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. メイクのコツ

夏の汗に負けないメイクのコツ

汗をかくというのは、本来とても大切な事ですがメイクをしている女性にとって顔にかいてしまう汗はメイク崩れの原因ともなります。

そこで、顔にかいてしまう汗に負けないメイク方法について詳しく紹介させていただきます。

まずは洗顔です。

肌にトラブルが出来てしまっているとメイクを吸着する力が弱まってしまうので、常に健康的な肌を保つ事が大切なのです。

健康的な肌を保つには、やはり洗顔が一番のポイントとなります。
洗顔をする際には、ゴシゴシとこすらずに優しく押し付けるように行いましょう。

夏は暑くて大変かもしれませんが冷水を使わずにぬるま湯を使ってください。ぬるま湯の温度は34度から36度を目安にしてくださいね。

なぜ冷水ではいけないのかというと、冷水を使用した場合、毛穴が閉じてしまうので汚れや皮脂を落とす事が出来ないのです。

肌というのはとてもデリケートなので刺激を与える事は絶対に禁物です。タオルで拭く際にも強くこすらないように十分気を付けてくださいね。

基礎化粧品を乗せる際には、コットンではなく手に取るようにして乗せてください。

なぜなら、基礎化粧品が手に残っている=十分に浸透出来ていないという事です。基礎化粧品を肌に乗せる際にも「優しく」プラス「丁寧に」「しっかりと」という事を忘れないでくださいね。

やはりベースがしっかりとしていないとメイクがもろくなってしまい、汗に負けてしまうでしょう。

ちなみに、基礎化粧品はオイルカットのものを使用してください。なぜなら、油分の多い化粧品をセレクトする事によって汗でメイクが崩れてしまうのを防ぐ事が出来るのです。

夏はベタベタして気持ち悪いから乳液はつけないという方がいらっしゃいますが、それは間違っています。

乳液は乾燥や紫外線などのストレスからお肌を守ってくれるので、夏でもしっかりとつけましょう。

ファンデーションの塗り方ですが、ファンデーションを塗る前に汗をかいてしまったという場合は、ファンデーションを塗る前に汗を軽く押さえます。

そうして、出来るだけファンデーションは均一に薄く塗るのです。

やはり崩れにくいメイク、紫外線からお肌を守るメイク=厚塗りメイクという考えを持った方が結構いらっしゃいますが、厚塗りはヨレてしまう原因になりますので出来るだけ避けてください。