大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. メイクのコツ

メイクをしたまま眠ってしまった場合の基礎的な知識

メイクをしたまま寝てしまい、朝になって後悔をする、なんて事ありませんか?

では、メイクをしているのにもかかわらず、そのまま眠ってしまった場合の基礎知識について詳しく紹介させていただきます。

まず、メイクというのはお肌にとって「汚れ」という事になります。

綺麗にメイクアップをして一日を素晴らしく過ごしたとしても、その一日が終わるとメイクはお肌にとって「汚れ」となってしまうのです。

もちろんお肌に汚れがついていては良くないので、毎日きちんと落とさなければいけませんよね。

その中でもファンデーションには油性成分や顔料がとても多く含まれているので、落とさずに寝てしまうと、自身のお肌の汗と混じり合う事で微生物(顔ダニなど)の温床となってしまうケースが多々あるのです。

顔料にはお肌の水分を奪ってしまう効果がありますから肌の乾燥の原因にもなります。肌が乾燥してしまうとかゆみの原因にもなりますし、出来るだけ避けたいですよね。

ファンデーションをつけたまま眠ってしまって、朝になると油っぽいな~と感じるのなら、肌が乾燥から身を守るために自ら皮脂の分泌をしてくれたという事です。

次にファンデーションをつけていたら皮膚呼吸が出来ないのか?という疑問ですが、実はファンデーションをつけていても皮膚呼吸は出来ます。

ファンデーションには粉末がたっぷりと含まれているので、お肌にぴったりと粉末がくっついていては皮膚呼吸が出来ないというイメージがありますよね。

ただ、粉末にも隙間は出来ていますからその隙間より皮膚呼吸をする事が可能なのです。

最後に、基本的な事でもありますが生活習慣を見直すという事を頭に入れておいてください。

ファンデーションなどのメイクをしたまま眠ってしまうという事は、疲れていてメイクを落とす余裕がないという事です。

つまりは夜中まで遊んでいたというケースが多いのではないでしょうか。実は、メイクを落とすことなく寝ていたという事よりも夜中まで遊んでいたという事実の方が、よっぽどお肌にとって良くない状態です。

出来るだけ生活習慣を見直すようにして、夜はお肌をいたわってあげてくださいね。