大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. メイクのコツ

しっかりメイクなのに男性から見てナチュラルに見えるメイクとは?

男性は一般的に、厚化粧をしている女性ではなくナチュラルメイクをしている女性を好むという事は当たり前のように知られています。

では、ナチュラルメイク=薄化粧という事でしょうか。

答えはNOです。男性というのは、大抵の場合自分でメイクをした事がありません。ようするにメイクについて詳しい人があまりいないという事ですね。

きっちりとメイクをしていたとしても、傍から見るとナチュラル風なメイクをしていたら男性はなかなか見破る事が出来ません。

それでは男性から見てみるとナチュラルメイクに見えるけれど実はしっかりとしているメイクのポイントについて詳しく説明させていただきます。

まず、ブルーやパープル等、元の顔にはない奇抜な色を使わないという事です。

男性から見ると、上記のような色には「派手」というイメージしかありません、実際は上記のような色を使用した素晴らしいメイクテクはたくさんあるのですが、男性にはなかなかその部分を理解する事が出来ないのです。

さらに、ラメのようなキラキラした質感も元の顔にはありませんからなるべく使用しないように気をつけましょう。

もちろんピンポイントに少しだけラメを使用する事はOKという男性が大半なのですが、アイホール全体をキラキラさせていたらさすがに不自然でNGという男性が結構多いのです。

というよりもあまりにラメを多用していたら不自然に見えてしまうのは当たり前の事ですよね。

アイシャドウは、ベージュ系や茶系、ラメはポイントとして目元のどこかにぽんと置いておく程度に留めておきましょう。

それから、チークの色にも気を使いましょう。
オレンジ色やキャンディピンク等、チークがものすごく目立ってしまうメイクってありますよね。

そのようなチークって十分可愛らしいのですが、男性から見るとかなり不自然に見えてしまうそうです。

では、男性から見てナチュラルなチークの色は?というと、答えはやはりナチュラルなベージュや少し赤みのあるピンクですね。

ベージュや赤みのあるピンクの共通点といえば、先ほど説明させていただいたように「顔の中に自然とある色」という事になります。

チークを入れる際にも、ちびまるこちゃんのように丸くポンと入れる事なく、頬にとけこむような塗り方を心掛けましょう。

最後に、アイラインですが、あまり目立たせる事なく、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように細く描いていきましょう。

アイラインが濃い女性というのは、男性から見てかなり化粧の濃い印象があります。
まつ毛とまつ毛の間を埋めるだけのメイクで本当に目が大きく見えるの?という不安もあるでしょうが、実際十分に大きく見えますから心配しないでくださいね。

以上です。

簡単にまとめてみると、しっかりメイクをしていても色の選び方さえ気を付けていたら、男性からは「ナチュラルメイク」として認めてもらえるという事ですね。