大人のメイク方法

大人のメイク方法トップページへ
  1. トップ
  2. リップメイク

リップクリームを使用してメイクを直す方法

メイクをした直後のきちんとしている顔と、メイクをしてかなりの時間が経過してしまった顔とではだいぶ「綺麗さ」に違いが出てくるんですよね。

ただ、ほんの少しだけ手直しをする事で、メイク仕立てのきちんとした綺麗な顔を取り戻す事が出来ます。
今回は、意外なものを使って簡単にメイク直しをする方法について紹介させていただきます。

マスカラやアイシャドウを直すのに、市販のメイク落とし用コットンを使用している方をよく見かけます。
ただ、このコットンを使用してしまうと本来落としたくない部分まで一緒に落ちてしまうのが難点です。

例えば、アイシャドウだけを直したいのにアイラインやマスカラまで消えてしまうという感じですね。
目元のアイメイクが全て落ちてしまうと周辺の皮膚に負担をかけてしまいますし、バランスが崩れてしまわないようにファンデーションを塗りなおす必要があるかもしれません。
少しだけメイクを直したいのに「ファンデーションから塗り直し」というとかなり面倒な事になってしまいますよね。

そこで、メイク落とし用コットンの代わりをしてくれるのが「リップクリーム」なのです。
「リップクリームをメイク落としの代わりに?どうやって?」と疑問に思われる方も結構いらっしゃるでしょう。

当たり前ですね、今までならリップクリームといえば唇に潤いを与えるメイク道具という印象しかありませんから。
では、リップクリームを使ってどのようにメイク直しをするのでしょう。その方法について詳しく説明させていただきます。

まずリップクリームを綿棒か指にとって、メイクを直したい(落としたい)部分に馴染ませます。
例えばアイシャドウを直したいのなら、綿棒か指にとったリップクリームをアイシャドウの上に乗せるという事ですね。

その後、マッサージをするようにリップクリームを馴染ませていきましょう。仕上げに綿棒でなぞってあげたら完成です。
リップクリームには油分が含まれていますから保湿効果もありますし、メイク直しをするのと同時に肌の乾燥も防いでくれます。

メイクを落としたら、やはり再度メイクをする必要がありますよね。その際には、リップクリームをしっかりと拭き取ってあげてくださいね。
以上、リップクリームを使用してメイク直しをする方法でした。

リックリームならそのまま唇に使う事も出来ますし、コットンのようにすぐに無くなってしまう事もありませんから一石二鳥ではないでしょうか。